消費者金融会社は、カードローン利用希望者に対して審査を行い、利用の可否を決めます。

カードローンの審査

審査について

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)をはじめとする消費者金融会社は、カードローン利用希望者に対して審査を行い、利用の可否を決めます。

 

私たちが誰かにお金を貸す場合「本当に返してくれる人なのか?」をまず確認します。
それと同じように消費者金融会社も、「お金を返済してもらえる人なのか?」を審査します。

 

カードローンの審査は「利用申込書の記入内容」がまずチェックされています。

 

事実と異なる内容が記入されていると、スムーズな審査が行えません。
そのため利用申し込みをする場合は、申込書には慎重に書き込みをしていくことが必要です。

 

審査内容

消費者金融会社は「個人信用情報」を参照して、信用できる人かどうかを調べます。

 

個人信用情報機関には、利用申し込みをした人の住所・氏名などをはじめとする個人情報や、他社からの借り入れ・返済状況などが登録されています。

 

利用申し込みの際に書き込んだ内容が、個人信用情報と大きく違っていると、金融機関は慎重にならざるを得ません。

 

延滞や自己破産などの事故歴(が登録されていないかもチェックされる事項です。

 

消費者金融会社は、独自の審査基準を持っており、その審査基準に照らして、カードローン利用の可否を決めます。

 

たとえば、調べてみると勤続実態がなかったりする人などは、厳しい評価になるでしょう。

 

一方で「個人信用情報に延滞などの履歴がない」「勤続年数が長い」「賃貸ではなく持ち家に長く住んでいる」などの場合は、評価が高くなるポイントです。

 

最後に、利用申し込みの際に書き込まれた勤務先に、本当に勤めているのかの確認電話が入ることがあります。

 

 

審査に落ちてしまった場合

もしも審査に落ちてしまった場合、やみくもに別のカードローンを申し込むのではなく、キャッシングサービスの申し込み基準と比較して「どの属性がまずかったのか」を検討してみましょう。

 

その部分を補うことができなければ、再度申し込みを行っても審査を通過するのは難しいでしょう。